オフィスでウイルス対策しよう!

オフィスのウイルス対策についての情報が満載

デスクを入れ替えて抗ウイルスオフィスを作る

デスクを入れ替えて抗ウイルスオフィスを作る 抗ウイルス対策として、オフィスのデスクを入れ替えるという手段があります。
これは、普通のタイプではなく抗ウイルス素材でできている物を導入するという方法です。
あまり多くはありませんが、中にはこうした製品も売られているので探してみましょう。
また、デスクに敷くシートにそうした機能を持っている物もあるので、入手が難しい場合はこちらの利用も検討すると良いでしょう。
抗菌仕様というタイプもありますが、抗ウイルスとは別物です。
ウイルスはそもそも生きているわけではないので、死滅させるということができません。
対策は不活性化させることなので、根本的に抗菌とは考えが違うので、抗菌仕様の物を導入したとしてもウイルスに対しては効果がありません。
もちろん、最近に対しては効果があるとされているため、まったく無駄になりませんから、そちらの対策にはつながります。
逆に、抗ウイルスの機能がある場合は抗菌効果もあるので、両方を兼ねることが可能です。

オフィスの抗ウイルス対策は椅子なども必要

オフィスの抗ウイルス対策は椅子なども必要 オフィス内は様々な細菌やウイルス感染をする恐れが高い場所であり、これまでも細菌感染を予防する抗菌製品は市場でたくさん販売されていましたが、細菌とサイズがかなり違うウイルスに対応している製品はあまりありませんでした。
近年、出血性大腸菌O-157などの細菌や、インフルエンザ・ノロウイルスなど以外にももっと小さいウイルスにも効果を発揮できる「抗ウイルス」家具も登場してます。
細菌やウイルスへの感染の殆どは、飛沫感染以外に感染者が触れた対象物からの感染が多く、感染経路を遮断するために対応した家具の採用は感染リスクを大きく軽減出来ます。
現段階では既にテーブルやパーティションが販売されていて、今後も椅子なども登場する可能性も高いです。
病院や介護施設などで使う食堂テーブルや間仕切り、オフィス会議で使う会議用のテーブルや飲食店のカフェテーブルなどニーズや使う場面にあった家具が増えていきそうです。
例えば、対応したパーティションだとインフルエンザ・ノロウイルスやO-157など、細菌やウイルスを99.9%以上(24時間後)減少させる効果があることが認められてます。
パネルの材質のメラミン化粧板を成型するときに抗ウイルス剤を付与して、化粧板表面に強く付着するので一般的な拭き掃除では落ちることもなく、耐久性は上がっていて長期間効果が継続します。

copyright (C) 2020 オフィスでウイルス対策しよう!. All Reserved.